行政書士吉田オフィス


会社設立、企業法務、フリーランスの方の契約支援など法務サポート
コンプライアンス計画作成や社内規程の整備など


●一般企業で30年以上、事業立上げから運営、会社上場などに携わった経験豊富な担当者が相談承ります。
●特に専門分野の個人情報(パーソナルデータ)に関することは何でもソリューション提案いたします。
●東京都
目黒区碑文谷のオフィスですが、オンライン対応可能な案件は全国のご依頼承ります。

●お知らせ● 2021/6/9 一時支援金事前確認の受付はすべて終了しました。6/28以降、月次支援金の事前確認を受付けます

延長申請をされた方の一時支援金の事前確認も受付を終了しました。ご了承ください。

4月・5月の緊急事態宣言影響を受けた方の「月次支援金」の事前確認は、当オフィスでは6/28(月)から受け付けます。原則としてオンラインで実施します。必ず、月次支援金サイト掲載の資料をよく読んで、必要書類の間違いが無いようご準備ください。→月次支援金サイトへ

→その他、お知らせ一覧へ

少数精鋭の法人様、フリーランスの方
契約書や法務業務のご支援いたします

契約書をすぐに準備したい。取引相手から提示された契約書の内容を精査したい。決裁会議の議事録をしっかり残したい。文書管理が追い付かない。会社の中には営業に集中したくてもやらなければならない仕事がたくさんありますね。しかも法務担当者を1人採用するほどの量でもない。
フリーランスの方であれば、契約書管理や著作権の扱いなど、しっかりしたいけど、忙しいしよくわからないということもあるのではないでしょうか。

個人情報(パーソナルデータ)の取り扱い
どんなことでもご相談ください

2020年6月12日「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が公布されました。2年以内に政令で定める日に施行となります。(個人情報保護委員会) cookieや機器IDの扱いはどうなるの?開示請求対応の運用は変わるのか?100人しか会員がいないけど、どんな準備が必要?など、施行までの準備が必要です。個人情報の扱いは、法令の知識があるだけでは事業課題をカバーすることが難しいものです。当事務所では実際の事業現場で16年間あらゆる課題に対応してきた経験も踏まえて、個社の事業内容や事情に合わせて診断し課題と対策をご提案します。プライバシーポリシーの作成や会員規約・利用規約などの定型約款の作成、セミナーや勉強会の開催なども承ります。

各種法人設立
任意団体規約作成
丁寧にご説明します

株式会社、合同会社、社団法人、財団法人、NPO法人など、法人・団体設立に必要なお仕事をお引き受けします。「クラウドの会社設立サービスを使うので電子定款だけ依頼したい」というミニマムなご依頼から、「会社化したいが、株式会社と合同会社のどちらがいいのか」「非営利団体とは何か」などをしっかり把握してから検討したいという方のご相談まで、規模に関わらず承ります。事業計画もご相談ください。
※登記は提携する司法書士に委託いたします。
その他、マンション管理組合法人化や、商店会、PTAなどの任意団体の利用規約作成から許可申請、銀行口座開設のサポートまで承ります。

守り仕事お任せください
社内規程作成・コンプライアンス計画

上場企業ではあれば内部統制が義務付けられていますが、非上場企業でもリスク管理は当然必要です。基準や計画をたてて定期的にチェックすることで、会社をリスクから守り易くすることが目的です。会社のルールである社内規程の作成、チェック項目の設計、モニタリング基準の作成を一からご支援いたします。特に個人情報や知的財産の扱いには細心の注意が必要ですので、運用されている各種契約書の内容精査なども含めてご相談承ります。部分的なご依頼も可能ですので一度ご相談ください。
※「就業規則」作成は提携する社会保険労務士に委託します。

補助金・助成金
申請代行いたします

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者向け給付金申請等も代行しております

助成金や補助金には多くの種類があります。雇用に関するものは就業規則の設置などと連動しているものも多いので、社会保険労務士と相談することが重要になります。雇用以外のもので中小企業診断士の事業計画精査が必要なものもあります。シンプルなものでもマニュアルが何ページにも渡り、電子申請を指定されているものもあります。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者の家賃給付金申請も電子申請ですね。マニュアルも膨大です。
「書類は準備したので電子申請代行だけ依頼したい」「書類を集めるところから全部相談したい」など、状況に合わせてご相談承ります。
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者の方へ

契約書勉強会・営業の秘密保持
セミナー講師

企業活動に必要な法律の知識は、法務担当者だけが持っていれば良いものではありません。契約交渉をする現場では、営業担当者の法律知識が必要な場面も多く、特に秘密保持などは業種や取引規模に関わらず非常に重要な基礎知識です。経営者は、会社法などのあらましを理解する必要がありますが、膨大な情報の中から何を押さえておくべきかが重要です。また、どのような業界にも関連する個人情報や著作権など、単純そうに見えて、法令と実務適用の関係がとても複雑、それなのに重要というテーマもあります。
個社のニーズに合わせてテーマを定め、研修・社内勉強会・セミナーなどの企画提案いたします。「法律ってとっつきにくい」という苦手意識に負けない、対面研修型のメニューもご用意できますので、ぜひ一度ご相談ください。

ペットとの暮らしで大切なこと
ペットのお仕事に必要なこと

愛玩動物飼養管理士の担当者が、ご近所のペットトラブルを未然に防止するためのお手伝いをいたします。不定期開催の「お茶飲み勉強会」に参加してみませんか?
これからペット関連のお仕事を始めたいと考えている方には、許認可や届出をお任せいただけます。更に、例えばボランティアで保護動物をサポートするだけでなく、自らNPO法人を設立して団体として活動する方法を選択する場合の設立支援や事業計画作成支援などもお任せいただけます。

⇒事例ご紹介(ページ制作中/coming soon)

他にもお手伝いできることがたくさんあります。料金ページでご確認ください。また、本ホームページ(料金ページ)に記載の無いお仕事についてもお問合せください。